A5飛騨牛100%プレミアハンバーグお取り寄せ通販

日本一の味”飛騨牛”

全国和牛能力共進会で日本一に輝いた高級黒毛和牛の飛騨牛。

また、飛騨牛の料理認定指定店は遠く他県から足を運ぶ人も。

一度口にすると、とろけるサシ・上品な旨味の赤身が忘れられません。

A5飛騨牛100%プレミアハンバーグ

A5飛騨牛の中でも、更に上質なBMS10・11・12番(12番が最高)の雌牛を1頭買いで作る個体識別付の贅沢過ぎるハンバーグ。

飛騨牛ハンバーグ 産地直送お取り寄せ
 
ヤフーショッピングでお取り寄せ

飛騨牛ハンバーグA5ランク100% 120g×4

Amazonでお取り寄せ

飛騨牛ハンバーグA5ランク100% 120g×4


 

 

飛騨牛とは

岐阜県の、主に飛騨地方で飼育される黒毛和牛。

その中でもA3以上の牛が飛騨牛と名乗る事を許されます。

(A1~A2は飛騨和牛の名称)

 

飛騨牛の由来

飛騨牛の由来はたった1頭の牛からでした。

その牛は神戸牛の元である但馬牛。

兵庫県から購入されたその牛は「安福号」と名付けられました。

安福号は肉質が優れた子孫を残す遺伝子を持ち、生涯で4万頭近い種付をしたとか。

残念ながら安福号は1993年に亡くなってしまいました。

しかし安福号の精子は現在でも凍結保存されています。

 

日本一の飛騨牛に

飛騨牛は牛肉のオリンピックと呼ばれる「全国和牛能力共進会」で、第8回の覇者です。

さらに肉質だけでなく、種牛としても日本一に輝いています。

 

認定店舗・生産者

飛騨牛銘柄推進協議会という組織があり、飛騨牛の向上に努めています。

優れた生産者や、飛騨牛を美味しく食べられるお店を厳選し、推進協議会の認定証を送っています。

飛騨に訪れた際は、推進協議会認定のお店へ行けば、間違いなく美味しい飛騨牛が食べられます。

 

未経産牛とは

未経産牛とは、子供を産んだ事がない牛の事です。

子供を産むと、母牛のエネルギーが子供に移る為、どうしても味が落ちてしまいます。

その為、未経産牛は優れたの味の条件でもあります。

 

BMSとは

A4・A5などのお肉の基準は、よく見かけます。

しかし「BMS」という基準は、あまり知られていません。

そもそもA1~5とは、

・Aは一頭の牛からとれる過食部分の割合でA~Cのランク付け

・1~5は霜降り度合いや色・肉質やきめ細かさなどの総合評価です。

なので最高ランクはA5になります。

しかし実は、A5の中にも更に5段階の霜降りランクがあります。

そのランクを表すのがBMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード)となります。

ランクは

  • A1=BMS NO.1
  • A2=BMS NO.2
  • A3=BMS NO.3~4
  • A4=BMS NO.5~7
  • A5=BMS NO.8~12

となります。

最高峰のBMS NO.12は安定して多く生産できないので、とても希少です。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑