【通販】A5神戸牛100%プレミアハンバーグお取り寄せ

世界が愛する神戸牛

厳しい基準をクリアした但馬牛のみ名乗れる「神戸牛」。

その美味しさは日本人だけでなく、アメリカ大統領を始め欧米の政治家や王室関係者、ハリウッドスターなどのセレブからも愛されています。

日本が生んだ世界が認める神戸牛。

すぐお取り寄せできる日本に居るという事を、幸せに思える逸品です。

 

A5神戸牛100%プレミアハンバーグ

A5神戸牛の中でも、更に上質なBMS10・11・12番(12番が最高)の未経産牛を1頭買いし作る贅沢過ぎるハンバーグ。

神戸牛半バーグ 産地直送お取り寄せ
 
ヤフーショッピングでお取り寄せ

神戸牛ハンバーグA5ランク100% (120g×4)最高級品

Amazonでお取り寄せ

神戸牛ハンバーグ A5ランク100% 120g×4 最高級 神戸ビーフ

 

神戸牛とは

兵庫県の指定生産者より生まれた但馬牛。

その中から厳しい審査を受け未経産・去勢された但馬牛のみが「神戸牛」と名乗れます。

それでは更に厳しい基準を説明していきます。

 

未経産牛とは

未経産牛とは、子供を産んだ事がない牛の事です。

子供を産むと、母牛のエネルギーが子供に移る為、どうしても味が落ちてしまいます。

その為、出産経験のある牛は神戸牛の厳しい審査からは外れてしまいます。

 

BMSとは

A4・A5などはよく見かけます。

しかし「BMS」という基準は、あまり知られていません。

そもそもA1~5とは、

Aは一頭の牛からとれる過食部分の割合でA~Cのランク付け

1~5は霜降り度合いや色・肉質やきめ細かさなどの総合評価です。

なので最高ランクはA5になります。

しかし実は、A5の中にも更に5段階の霜降りランクがあります。

そのランクを表すのがBMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード)となります。

ランクは

  • A1=BMS NO.1
  • A2=BMS NO.2
  • A3=BMS NO.3~4
  • A4=BMS NO.5~7
  • A5=BMS NO.8~12

となります。

最高峰のBMS NO.12は安定して多く生産できないので、とても希少です。

 

生産・取扱い店舗も管理

神戸肉流通推進協議会から認められた店舗・生産者のみを「指定登録店」「指定登録生産者」としています。

質の高い生産者や店舗のみに絞る事で、多くの流通はしませんが、間違いなく高い質を誇っています。

 

神戸ビーフ

基準ではありませんが、神戸牛は神戸ビーフとも、よく呼ばれます。

生産地である神戸の港は貿易港として開港したため、外国人が多く訪れました。

そして神戸牛を食べ、あまりの美味しさに感激した外国人の間で「KOBE BEEF」と名が広がりました。

なのでワールドスタンダードな神戸牛は、「KOBE BEEF」としての名を持ちます。

ちなみに「神戸牛」「神戸肉」「神戸ビーフ」は、商標登録されています。

さらに「神戸ビーフ」は、日本だけでなく様々な国でも商標登録されています。

 

※詳しくは神戸牛の公式HP神戸ビーフ・神戸肉流通推進協議会にてご覧いただけます。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑