六白黒豚の産地直送お取り寄せまとめ

鹿児島の六白黒豚

旨味・甘味・品質すべてにおいて高水準を誇る鹿児島産の「六白黒豚」。

その美味しさを新鮮なままに「産地直送」致します。

 

六白黒豚 しゃぶしゃぶ用バラ肉

 

六白黒豚 ハム・ウィンナー

六白黒豚を贅沢に使用したハム・ウィンナー。

ソーセージ 六白黒豚 産地直送お取り寄せ

六白黒豚ハム・ウィンナー一覧へ


 

六白黒豚 ギフトセット

大切な人やお世話になった人へ高級黒豚「六白」セットギフト。

 

高級六白黒豚を使った豪華ギフトセット一覧

六白黒豚 ギフトセット梅 産地直送お取り寄せ
 

六白黒豚ギフトセット一覧ページへ

 

鹿児島が誇る六白黒豚とは

鹿児島の黒豚はただの黒豚ではなく鹿児島県純粋黒豚(バークシャー種)で、「鼻」「しっぽ」「足の先4本」の6ヵ所が白いという特徴から「六白」と呼ばれています。

また別の呼び方では「黒いダイヤモンド」「鹿児島の至宝」とも言われています。

その理由は食肉市場では牛肉並の値が付けられたこともあり、埼玉・群馬・岡山・香川などでも黒豚は飼育されていますが、鹿児島の黒豚は「別格」とされています。

昔は「歩く野菜」とも言われ、九州を統一した島津氏は戦に生きた黒豚を運び、栄養豊富な兵糧としていた事で島津氏が戦に強かった理由の一つとも言われます。

かの西郷隆盛も豚骨と呼ばれる鹿児島の郷土料理や、今で言う肉入り野菜炒めの豚料理が大好物で、鹿児島黒豚の栄養を糧に幕末を駆け抜けていたかもしれません。

鹿児島の誇り

黒豚の産地である鹿児島は、黒豚の研究においても、世界でも他に類を見ないスケールと内容を誇っています。

研究は、鹿児島県畜産試験場で主に行われていますが、その内容は他県から見学や勉強に訪れるほどです。

鹿児島黒豚の美味しさの背景には、常に研究の姿勢があり、その味・質は今でも進化を続けています。

六白より価格が倍以上する希少な豚肉はありますが、テレビなどの豚肉ランキングでは、六白が味・品質ともによく1位に選ばれています。

その理由は長年の研究と生産者の努力により生産量を安定させ、これだけの品質を持ちながら市場価格の高騰を抑え、より多くの人に食べてもらいたいという尽力の賜物なのです。

 

六白黒豚の味

六白黒豚の味わいは通常の豚肉とは大きく違います。

食感

筋繊維が細く多く肉質のしまりに優れている為、非常に柔らかいのに歯切れがとても良く、脂の融ける温度が高いために、調理してもサッパリした食感です。

 

旨み

味はブドウ糖であるグルコースや、その他の中性糖を含んでいるために、ほのかな甘みが感じられるうえ、旨み成分であるカルシノン酸を多く含んでいるのでとても奥深い味わいです。

 

健康にも

また、不飽和脂肪酸が多いためコレステロールを減らす働きがあり、通常の豚肉より太りにくいと言われています。

ビタミンB1も通常の豚より多いので糖質をエネルギーに代え、そのうえ疲労回復も期待きます。

「歩く野菜」との呼び名は伊達ではありません。

六白黒豚の「白身」

通常、お肉は「赤身」と「脂身」に分けて表されますが、六白の脂身はあえて「白身」と呼ばれます。

その理由はあぶらを美味しくする追及を惜しまない結果、上記のとおり健康を考慮されたうえ、旨みを超凝縮することに成功しています。

なので六白は「脂」ではなく最上級の「白身」なのです。

 

心地好い歯切れから甘味旨みが口いっぱいに広がり後味はさっぱり。

それらは、ほかの豚肉では味わえない美味しさです。

六白は、鹿児島が品質・生産量とも日本一を誇る特産品です。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑