【北勝牛】日本人の口にあう北海道の逸品黒毛和牛

公開日:  最終更新日:2016/12/14

北勝牛について

北勝牛

画像出典:sasaki-web.net

北勝(ほくと)牛は北海道の十勝で育ったブランド黒毛和牛です。

名前の由来が、北海道の「北」と十勝の「勝」からきています。

北海道を代表する「勝る・優れた」という想いも込められているとの事です。

スポンサーリンク

北海道を代表する黒毛和種

北勝牛は年間で350頭出荷されています。

北海道のブランド牛の中には30頭ほどしか出荷していないものも・・・。

それを考えると北海道の中では、有名なブランド牛といえるでしょう。

北海道以外にも出荷

北海道内だけではなく、東京食肉市場にも出荷されています。

そのため、都内でも北勝牛を取り扱ったレストランや飲食店も存在します。

北勝牛の明確な規定は無し?

北勝牛は枝肉や肉質等級の規定はありません。

また、どれぐらいの体重で出荷されるという基準もない、珍しいブランドです。

3牧場で飼育

現在、北勝牛を取り扱っているのは佐々木牧場と佐々木ファーム、そして日新牧場の3牧場です。

3つ合計で1,000頭以上飼育されています。

長い飼育期間

他の黒毛和牛に比べて北勝牛は長い飼育期間を要します。

その間、清潔な畜舎でじっくりと肥育され、栄養価を高めてから出荷されます。

スポンサーリンク

北勝牛は日本人にあった肉質

北勝牛として扱われているものは筋繊維が細かく、霜降りが程よく入っています。

他のお肉に比べて柔らかさを感じられ、とろけるような食感が印象的です。

その高い肉質は首都圏で行われた牛肉共励会でも絶賛されたほど!

今では北海道を代表する牛肉として、「北の逸品」といわれるまでに成長しました。

飽和脂肪酸が多いのも特徴

北勝牛の特徴は飽和脂肪酸が多いということです。

食べ過ぎてしまうとコレステロール値が上昇してしまいますが、エネルギーの生成に役立ちます。

また、脳出血を予防するといった効果も期待できるんですよ。

なめらかな食感と口どけの良さを感じさせてくれるのは、この飽和脂肪酸が多く含有しているためです。

長年のこだわりが実現!

北勝牛は長年にわたり、肉繊維をより良くするために品種改良が行われました。

脂肪交雑具合、脂肪の滑らかさ、風味、柔らかさなど。

その全てが日本人に好まれるまで徹底的に研究が行われました。

北勝牛はロースやヒレならステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶに最高です。

北海道のブランド牛を食べたいと考えるなら、是非北勝牛を堪能してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑