鶏肉の高級食材・シャポンとは?

公開日:  最終更新日:2017/08/27

日本でのシャポンの知名度とは

シャポンって何?

「日本で有名な鶏肉は?」という質問を投げかけたら、みなさんはどんな答えが出るでしょうか。

だいたいが、名古屋コーチンや比内鶏、薩摩地鶏などではないでしょうか。

それらも有名ですが、そんな中、今注目を集めているのがシャポンです!

近年、日本でも本格生産に乗り出している注目の鶏です。

スポンサーリンク

シャポンとは

そもそもシャポンというのが、どういった鶏なのかよく分からないでしょう。

シャポンとはフランス語で「去勢鶏」。

フランスでは生産地や生産方法を厳選し、選ばれた去勢鶏だけに与えられる称号がシャポンです。

日本で言うところの銘柄鶏に近い存在ですね。

シャポンはどんな鶏?

シャポンの特徴は飼育期間がとても長いこと!

だいたい8ヶ月ぐらい飼育され、他の鶏より3ヶ月ほど飼育期間が長いのが特徴です。

そして、重さは3キロを超えていることが条件となります。

 

シャポンはフランス人もあまり食べられない高級鶏!

フランスでは、主にクリスマスにシャポンを食べると言われています。

七面鳥はパサついた味という印象が広がっており、シャポンの方が好まれます。

しかし、高級鶏なため、一般家庭に広まっているとは言えないような希少価値があります。

スポンサーリンク

高級な理由は生産量の少なさ

シャポンはフランスの全土で飼育されているわけではなく、ヴァンテなどのいくつかの地区でのみ飼育されています。

しかも飼育期間に時間がかかるため、シャポンを育てるのは容易ではありません。

シャポンの飼育期間とは

通常の鶏は5ヶ月ほどで出荷されますが、シャポンは8ヶ月程度。

去勢後も長期の飼育をすることで、繊維の細かい肉質へと変化しています。

クリスマスシーズンに合わせて飼育するには、4月頃から飼育していなければいけません。

 

シャポンはクリスマスシーズン以外はほとんど食べられない?

フランスでは、「シャポンはクリスマスに食べるもの」、という慣習があります。

逆に言うと、あんまりクリスマス以外では食べられません。

クリスマス以外で出荷されること自体があまり無く、一部の高級レストランなどでしか、なかなかお目にする機会がないのです。

日本でもあまり食べられない?

日本でも徐々にシャポンが広がりつつありますが、高級鶏ということでなかなか手に入りません。

一羽まるまる手にする場合は、5万円程度してしまうことも!

そのまま食べるのはもちろんのこと、骨をダシとして使うこともできるなどその存在価値は希少です。

今後さらにシャポンが広がっていく可能性も!

現在、日本でシャポンを飼育しているのは鹿児島県です。

「シャポン鹿児島鶏」として、今、ブランド化を進めています。

また近年では、秋田の比内鶏を利用して、「秋田シャポン」の生産に取り掛かるなど全国的な広がりを見せてきています。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑