贅沢過ぎるA5飛騨牛100%ハンバーグ

公開日:  最終更新日:2017/08/27

A5飛騨牛100%の贅沢ハンバーグ

飛騨牛ハンバーグ

日本国内でも屈指の超高級の黒毛和牛の飛騨牛。

今回はその飛騨牛のA5の中でも特選のものを100%使用した、超贅沢ハンバーグを紹介します。

スポンサーリンク

 

日本一の実績を持つ飛騨牛を使用

飛騨牛は日本一

牛肉のオリンピックと呼ばれる「全国和牛能力共進会」というのがあります。

なんと飛騨牛は、数ある日本屈指の黒毛和牛を押しのけ、平成14年(第8回)の覇者になった実績があります。

肉質だけでなく、種牛としても日本一に輝いています。

そして平成19年の第9回目の開催では、「最優秀枝肉賞」を2大会連続で獲得する偉業を成し遂げてます。

それだけ飛騨牛の質は評価された黒毛和牛の最高ランクのA5のみを使用したハンバーグだから、美味しくない訳がない!

 

A5ランクの中でも更に上位のサシ

「A5」ランクは牛肉の中で最高ランクと言うのは有名です。

しかし実はA5ランクの中にも、更に5段階の評価があります。

それはBMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード)とよばれ、ランクは

  • A1=BMS NO.1
  • A2=BMS NO.2
  • A3=BMS NO.3~4
  • A4=BMS NO.5~7
  • A5=BMS NO.8~12

となり、最高はNO.12となります。

飛騨牛のBMS

今回ご紹介する飛騨牛100%ハンバーグは、A5ランクの中でもNO.10~12の飛騨牛のみ使用した、贅沢の上に贅沢なハンバーグです!

 

更に飛騨牛にこだわり

この極上ハンバーグを作って頂くのは、飛騨牛銘柄推進協議会に認定された、岐阜にある「すずき」という老舗店舗様です。

すずきでは、A5のBMS10以上の未経産雌牛のみを一頭買いというこだわりを持っています。

未経産とは、出産経験のない牛のことです。

(出産するとエネルギーが子供に回る為、肉質が落ちてしまいます。)

最高ランクBMS12の飛騨牛は、めったに出回る事がありません。

しかし、BMSが10であろうと、11であろうと、12であろうと「同じ値段」というご厚意で提供して頂いてます。

※ハンバーグはネット限定です!店舗には御座いませんのでご了承ください。

スポンサーリンク

 

個体識別付

当たり前ですが、ハンバーグは「挽肉」で作られます。

そしてその挽肉は加工などで余った肉をまとめて作られます。

しかしこのハンバーグは、1頭のみから作るので、ハンバーグなのに「個体識別」を付けてお送りしています。

 

個体識別付でお届けします

個体識別付でお届けします

挽肉と言っても…

上記の通り、挽肉は余ったお肉で作られます。

なので様々な部位が合わさっています。

しかしこの飛騨牛ハンバーグは、肩ロースやスネ肉などの決まった部位のみ使用し、赤身と脂身のバランスと取ると言う、こだわりを持って作っています。

 

化学調味料での味付けなし

市販されている多くのハンバーグは、挽肉の中に化学調味料を入れ味を均一に調えます。

しかしこの飛騨牛ハンバーグは、極上の肉の味を引き立てる為の最小限の塩・胡椒・砂糖・ナツメグ・国産玉ねぎと、最小限のつなぎしか使用しません。

なので、調味料の味に邪魔される事なく、特選A5飛騨牛の味を堪能できます。

 

ソースいらず

飛騨牛はソースいらず

ハンバーグと言えば、美味しそうにかかったデミグラスソースを連想します。

しかしこの特選A5飛騨牛ハンバーグは、お肉の味のみで、すでに境地に達しています。

なので塩やしょう油、わさび醤油等でお召し上がった方が、極上のお肉の味を堪能できます。

もはやハンバーグという部類に分けない方が良いのでは?と思うほどです。

 

極上!特選A5飛騨牛ハンバーグのお取り寄せ

この贅沢過ぎる飛騨牛ハンバーグは、Amazon・ヤフーショッピングにてお取り寄せできます。

一頭買いから作るので、売切れの際はご容赦下さい!

※売り切れました

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑