北見和牛は絶品かつ超希少

公開日:  最終更新日:2016/12/14

北見和牛について

北見和牛は北海道の北見市で生育されている黒毛和種です。

非常に飼育数が少なく、北海道でも多く流通しているわけではありません。

その出荷数は年間わずか30頭ほど。

非常に希少性のある和牛となります。

スポンサーリンク

北見和牛の特徴とは

北見和牛は、多くの牧場で育てられているというわけではないんです。

北見和牛として認められているのは株式会社未来ファームで育てている牛のみ。

自社牧場で子牛の時から出荷されるまで一貫して育てられた牛のみ、その称号が与えられます。

出荷時の状態とは

北見和牛は30ヶ月間もの長い飼育期間を経て、問題ないと判断された牛のみが出荷されます。

重量は700キロ以上で、中には800円キロ近い北見和牛も。

立派な体格を誇る和牛のみが出荷されていきます。

北見和牛の肉質について

北見和牛は北海道ならではの広大な大地によって生育されています。

毎日飲んでいる水は澄んだきれいな天然水。

そして地元の乾草、麦わらを与える健康な和牛が育ちます。

それゆえ、鉄分が豊富で疲労回復に効果があるアミノ酸もバランス良く含まれています。

サシが絶妙な交雑具合

肉の柔らかさ、ジューシーさ、口溶けを表現しているのがサシの交雑具合。

赤身だけだとどうしても硬くなりがちですが、北見和牛はほどよく脂肪が交雑しています。

変わらない肉質が魅力

他のブランド牛だと、どうしてもいろいろな農家や牧場が生育しています。

そうなると、肥育状況によって肉質が変わってしまうことも・・・。

しかし、北見和牛は一つの会社のみが生育しているものなので、変わらない肉質を常にキープしているのです。

スポンサーリンク

北見和牛はどこで食べられる?

北見和牛が出荷されているのは現在1店舗のみとなっています。

出荷先は田村精肉店。

北海道のごく一部なので、なかなかネット通販などで入手することが難しくなっています。

北海道ならではの特産品

北見和牛は、田村が運営しているレストランで食べることができます。

現在北海道内に5つの店舗を構えています。

ただ近年では東京にも店舗がオープンし、北海道以外でも北海道の和牛が食べられるような状況になってきています。

公益社団法人にも認定

北見和牛は、農場HACCP推進農場に指定されています。

公益社団法人中央畜産会から承認を得たものなので、いわば正式な機関からも認められたお肉。

ブランド牛の一つである、オホーツク発の北見和牛をぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑