みかわ豚とは もち豚としても人気!

公開日:  最終更新日:2017/08/27

みかわ豚の魅力に迫る!

みかわ豚

画像出典:JAあいち経済連

日本で豚の生産で有名なところといえば、鹿児島県などが思い浮かぶかもしれませんね。

鹿児島県のかごしま黒豚がなんといっても有名ですから。

しかし、それに負けず劣らず豚の生産で有名な場所があるんです。

それが愛知県の三河地区です!

スポンサーリンク

国内屈指の養豚地域

愛知県の三河地区は非常に多くの養豚施設を構えている地域でもあります。

昔から数多くの養豚農家が存在するため、その品質や衛生管理には定評があります。

知名度も徐々に上昇!

せっかく養豚場が揃っているなら、みかわ豚をもっとPRしていこうということで、「三河トコ豚極め隊」を結成!

宣伝活動を行い、今ではみかわ豚を取り扱った商品が数多く知れ渡るようになりました。

 

「もち豚」として人気

愛知県で生育されている、みかわ豚は今では銘柄豚として認知されています。

何と言っても特徴は、もっちりとした肉質!

「もち豚」と呼ばれるほど食感の良い豚肉として、多くの方から人気を得ています。

肉質の特徴

もっちり感が前面に押し出た肉ですが、それに加え、さっぱり感と臭みの無さが魅力。

愛知県では、みかわ豚の他に尾州豚も有名ですが、尾州豚よりもさらに柔らかい食感が特徴的です。

尾州豚とは

どんな栄養素が含まれている?

みかわ豚は栄養素として、タンパク質やビタミンB1が豊富に含まれているといわれています。

脂肪分のバランスも良いので、コレステロールが気になる方にも向いている豚肉ですね。

スポンサーリンク

 

みかわ豚の定番商品といえば

みかわ豚の商品といって、真っ先に思い浮かぶのがポークハム。

その上質な肉質が評価され、2013年から3年連続でモンドセレクションで銀賞を受賞するほど!

愛知県だけでなく全国的にも、みかわ豚のハムは市場展開されています。

みかわ豚のハムの特徴

みかわ豚を使ったハムの熟成加減には、とても定評があります。

昔ながらの乾塩法を採用していて、お肉に塩をすり込んで保存するスタイルをとっています。

十分な熟成期間を経ることで、より深い味わいになるんです!

製造会社によっては塩だけでなく香辛料や調味料などを配合することろも。

それによって、なめらかな口当たりと濃厚な味を実現しているところも存在します。

ローストビーフやベーコンも人気!

みかわ豚のハムはぜひ堪能したいところですが、他にも人気の商品がいくつもあります。

加工品としては、ベーコンやウインナーも人気です。

肉の旨みをしっかりと感じたいという方は、焼き豚やローストビーフもオススメですよ!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑