尾州豚とは

公開日:  最終更新日:2017/08/27

尾州豚について

尾州豚は愛知県で生育されている銘柄豚の一つです。

実は愛知県は豚の養豚施設が多い地域で、尾張豚や尾州豚、みかわ豚等が商標登録されているほど!

みかわ豚とは もち豚としても人気!

豚の生育に盛んな地域で国産銘柄豚を加工する組合(愛知畜産加工協同組合)も存在します。

スポンサーリンク

地元で有名な銘柄豚

尾州豚は地元の銘柄豚として人気がありますが、取り扱っている中でも有名な会社が杉本食肉産業。

愛知の地元企業でホテルや量販店など様々な販売ルート持っています。

松坂屋や高島屋などの馴染みあるデパートにも尾州豚が並んでいますね。

名古屋を中心に人気

名古屋のラーメン店では、尾州豚使った焼き豚がトッピングとして使用されているケースも。

ただ、最近ではネット通販による販売も普及してきていて、上質な尾州豚が全国各地でも広がりつつあります。

 

尾州豚の品種について

尾州豚は主に複数の品種を掛け合わせた交雑種となっています。

使用している品種は大ヨークシャー、もしくはランドレースとデュロックを掛け合わせたもの。

ヨークシャーとは純粋種がほとんどいない貴重な豚!

デュロックとは米産の赤い豚!

ランドレースとは大体の日本人がイメージする豚!

品質の良いもの同士を掛け合わせることで、肉質の良さをキープすることができています。

肉質の特徴とは

尾州豚の特徴は、あっさりとした味わいとまろやかさを兼ね備えていること。

飼料に麦や芋、タピオカなどを多く与えているので脂身部分でもさっぱりと食べられます。

それでいて水っぽさが無く、引き締まった肉質を感じることができます。

スポンサーリンク

 

尾州豚の理想的な食べ方とは

もちろん部位によって、適した食べ方がありますが、肩ロースなら焼き豚が絶品です!

そのまま食べるのはもちろんのこと、地元ではラーメンのトッピングとしても重宝されています。

お土産でも人気

尾州豚を使った焼き豚は保存が利くということから、お土産としても大変人気があります。

品質をキープして1年ほど持つので、地方からの購入者も多いんだとか。

尾州豚本来の肉の旨味と香辛料との程よい味の調合で多くのリピーターが発生するほどです。

地元食品会社のシンボル的存在に!

明治から創業する肉の専門店「スギモト」では、古くから尾州豚を取り扱っています。

口どけの良い尾州豚は地元を中心に人気を博していて、成熟された状態で出荷されています。

名古屋というと名古屋コーチンやひつまぶしが真っ先に思いつくかもしれません。

しかし、みかわ豚や尾州豚といった愛知のブランド豚も密かな人気となっています。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑