平牧三元豚とは

公開日:  最終更新日:2017/08/27

平牧三元豚について

平牧三元豚

画像出典:平田牧場

平牧三元豚は山形県の酒田市で生育されているブランド豚です。

酒田市全域で飼育されているわけではなく、平田牧場で飼育されている豚を指します。

その平田牧場で飼育されている複数の品種を掛け合わせたものが平牧三元豚です。

スポンサーリンク

平牧三元豚の品種とは

平牧三元豚はランドレース、デュロック、バークシャーが交配して作られた豚です。

ランドレースとは大体の日本人がイメージする豚!

デュロックとは米産の赤い豚!

バークシャー種とは黒豚種!

見た目が斑点のように黒い毛が入っているのが特徴的。

生育時の見た目はあんまり美味しそうではない(笑)ですが、味はとっても美味しいんです!

上質な肉で、今では全国的にも知れ渡っています。

三元豚の代表的銘柄豚

三元豚といえば、今ではスーパーなどでもよく見かけますね。

その代表的な存在の平牧三元豚は、今では年間20万頭以上が出荷されるほど。

その上質な肉質で採用しているレストランやトンカツ屋さんなどがとても多いのが特徴です。

平牧三元豚の特徴とは

平牧三元豚はとても大切に育てられていて、他の豚よりも肥育日数が長くなっています。

一般的な豚は約180日に対し、平牧三元豚は約200日。

最高の肉質の状態と判断されてから、ようやく出荷されるというわけです。

どのように育てられている?

平牧三元豚は通気性の良い豚舎でストレスを抱えることなく、飼育されています。

そして運動量も豊富なので、それだけお肉が引き締まるんです!

与えられているエサについて

平牧三元豚が主に食べている餌は、非遺伝子組み換えのトウモロコシや粕。

そして、こだわっているのが動物性たんぱく質ではなく、植物性の飼料が中心ということ。

動物性のものだと血が固まりやすく、お肉の保水性にも影響が出てきます。

豚肉の保水性について

植物性の餌を中心に食べることで柔らかさを感じさせてくれる肉質になるわけです。

スポンサーリンク

 

調理法によって最適な部位を選択!

平牧三元豚を使った調理の中でステーキや焼肉に向いている肉といえば、ロースです。

柔らかい肉質と程よいピンク色の赤身が食欲をそそりますね。

脂身部分でもさっぱりしているので女性でも食べやすいですよ。

脂肪が気になる方はこの部位!

女性の方や高齢の方は豚肉の脂身が気になるという方もいるでしょう。

そんな方は平牧三元豚のモモやヒレがオススメ!

とにかく脂肪分が少なく赤身が多いのが特徴。

平牧三元豚のヒレやモモはビタミンB1が豊富に含まれているので、栄養価もとっても高いんです!

値段が安く美味しい部位ならコレ!

価格がリーズナブルなもので平牧三元豚の味を堪能したいならバラ肉がお勧め!

薄切りされたバラ肉はしゃぶしゃぶやしょうが焼きにもってこいです。

しつこくない脂なので、しゃぶしゃぶ時に、いくらでも食べられちゃいますよ!

平牧三元豚のお肉はどの部分でもとても食べやすいので、是非堪能されてみてはいかがでしょう。

「三元豚・金華豚」の平田牧場オンラインショップ

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑