梅山豚(めいしゃんとん・めいさんとん)とは

公開日:  最終更新日:2017/08/27

希少価値がある梅山豚とは

日本には数多くの銘柄豚が存在しますが、その中でも非常に数が少ないと言われるのが梅山豚!

日本で飼育されている数はなんと100頭程度。

もともと中国で生育されていた豚ですが、輸入を機に日本でも生育されています。

スポンサーリンク

梅山豚の誕生秘話

梅山豚は1972年に初めて中国から10頭のみ輸入されました。

その後日本の塚原牧場も個別に輸入したのですがそれ以降、中国が梅山豚を禁止品目に!

そのため、梅山豚の数は日本で非常に希少なものとなってしまいました。

幻の豚肉

入手困難な銘柄豚ということで、巷では「幻の豚肉」と呼ばれるほど!

国内で生産しているのが塚原牧場のみなので、それほど多くは出回っていないのが現状です。

 

梅山豚は手に入らない?

梅山豚はデュロック種との交配によって作られた豚です。

デュロックとは米産の赤い豚!

旨味を閉じ込めた上質な肉質が評価を呼び、ミシュラン公認のレストランでも使用されているほど!

しかし、一般人が食べるのは無理かと思いきや、通販などで梅山豚が食べられちゃうんです。

あらゆる部位の入手が可能!

決してバラ肉だけでなく、肩ロースやヒレなど上質な部分の購入も可能です。

価格はやはり一般の豚に比べてやや高いですが、ちょっと贅沢するときにはオススメですね!

梅山豚の相場とは

しゃぶしゃぶに使用とするような薄切りのロースだと80gで700円程度。

バラ肉であれば80gで500円程度で購入が可能です。

ステーキやヒレカツに最適なヒレ肉は、80gで800円前後となっています。

スポンサーリンク

 

梅山豚には飼育にも細かいこだわりが!

もちろん単純に希少価値がある、というだけが魅力ではありません。

餌からこだわって良質な肉質を作ることに尽力しています。

数種類だけをブレンドするのではなく、10種類近くの飼料をブレンドして作られているんです!

こだわりの飼料とは

栄養価の高いものを豚の餌にするというこだわりを持っています。

具体的には、小麦粉、麦茶カス、ピーナッツオイルの絞りかす、パスタの粉末などです。

他にもサツマイモやパン粉などを混ぜています。

これにより肉繊維が緻密になり、脂も端麗に仕上がるというわけです。

良質な肉質が実現!

上質な飼料を食べて、スクスクと育ってなんと、その肥育期間は300日。

市場に出回っている豚は200日程度ですから、それだけ時間をかけていることが分かります。

この長い年月の肥育期間によって肉にアミノ酸が蓄積され、上質な肉質を作り上げることができているんです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑