東京X(TOKYO X)とは

公開日:  最終更新日:2017/08/27

東京X(TOKYO X)の肉質とは

東京X

画像出典:東京X生産組合

東京X(TOKYO X)とはブランド豚の中でも非常に味に関して評価の高い品種です。

度々テレビや雑誌など、メディアで取り上げられるほど。

それもそのはず枝肉規格が上という高いランクを与えられたものだけが市場に出回っているんです!

スポンサーリンク

ジューシーさのある肉質!

きめ細かい脂肪組織が入っていて、非常に肉汁を感じさせてくれる銘柄豚となっています。

特にトンカツやステーキに向いている肉質と言えますね。

パサパサした肉よりもジューシーな肉質を堪能したいという方におすすめです。

栄養価も高い

東京Xは非常にビタミンを含んでいることでも知られています。

他の豚肉に比べて2倍近いビタミンが含有!

栄養価の高い銘柄豚として人気を誇っています。

これは餌の配合や配分にこだわっている成果と言えそうです。

 

東京Xは珍しい銘柄豚

日本に250以上ある銘柄豚の中でも、合成種として初めて認定されたのが東京X。

東京Xのようにいろいろな種類を掛け合わせた豚が認定されているのは珍しいんですよ。

鹿児島黒豚や沖縄のアグー豚などは昔から同じ品種を掛け合わせて生育されていますからね。

東京Xの品種とは

東京Xは、いわば肉質の良い品種のいいとこ取りをしたお肉なんです!

良質な肉として定評があるバークシャー種、北京黒豚、デュロック種を掛け合わせています。

バークシャー種の霜降り具合、北京黒豚のもちもちした食感、デュロック種の皮の薄さなど良い面を引き出したお肉といえます。

バークシャー種とは黒豚種!

デュロックとは米産の赤い豚!

北京黒豚とは

赤身と脂肪の割合が最高

東京Xの魅力は何と言っても、バランスの良い赤身と脂肪の配合。

脂肪交雑具合の良い3つの品種を取り入れることで、上質な肉質を作り上げる事に成功しました。

スポンサーリンク

 

東京Xの安全性も随筆の存在!

東京Xは何も味を追い求めただけではありません。

上質な肉質をキープしつつ、これまでの畜産の常識を覆すような安全管理がされています。

個体識別を確立

いろいろな品種が掛け合わさっている東京Xですが、DNA解析を採用した個体認識を行っています。

これによってどこで飼育された豚か、すぐに理解できるようになったんです!

単純に生産地だけではなく、どこの豚なのか分かると安心して食べることができますね。

東京X4つの理念

東京Xを生成するときにこだわっているのが、4つの理念。

それは安全性と生命力学、動物福祉、品質の4つ。

豚の肉質だけでなく、健康状態をチェックしてウイルス感染や病気を未然に阻止しています。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑