豚肉の脂の栄養は発がんを抑制や生活習慣病予防など良い事いっぱい!

公開日:  最終更新日:2016/12/14

豊富な栄養をもつ豚肉

syabuup

豚肉というと日本ではとてもポピュラーな食材です。

柔らかい肉の食感や値段のお手頃さでよく食卓にのぼります。

スポンサーリンク

タンパク質

豚肉を食べることでタンパク質をしっかりと補給できます。

体内で血液や筋肉など体をつくる原料になってくれるので、丈夫な体を作るのには欠かせません。

ビタミンB1

豚肉はビタミンB1を豊富に含んでいるので疲労を回復するのに役立ってくれます。

きれいな肌を作るのにも効果的です。

 

豚肉の脂の栄養

豚肉の脂はわりとあっさりとしているんですよ。

実は豚肉の脂にはオレイン酸やステアリン酸が多く含まれています。

オレイン酸

オレイン酸は酸化されにくく、過酸化脂質の発生が少ないという特徴があります。

発がんを抑制したり、生活習慣病を予防したりといったうれしい効果があります。

また悪玉コレステロールを減らしてくれるので健康維持に役立ちます。

肌のくすみや肌荒れを防いでくれる効果ももっています。

ステアリン酸

ステアリン酸は飽和脂肪酸の一種で、抗酸化作用があります。

飽和脂肪酸は体内のエネルギーになったり、エネルギーを蓄えたりするので、

あまりにも不足してしまうと疲れやすくなることがあります。

善玉コレステロールを増やして血管の内側にこびりついたコレステロールを取り除いてくれるので、

動脈硬化を予防する効果もあるのです。

またステアリン酸には肌を保湿する効果もあります。

脂の部分にもけっこう大事な栄養が含まれているのです。

スポンサーリンク

脂肪が気になるとき

どうしても豚肉の脂が気になるという方は調理方法や購入する部位を工夫するといいでしょう。

調理方法

調理方法としては煮る、蒸すといった方法にすると余分な脂をカットできていいでしょう。

煮るときに灰汁をとるようにします。

しゃぶしゃぶのようにお湯の中でさっとゆでる料理も脂を落としてからいただくことができます。

梅干し、レモンなどと組み合わせるとさっぱりとした風味でいただくことができておすすめです。

煮込みなどの味付けに酢をつかうとコクがあるけどさっぱりとした味わいに仕上がります。

肉の部位

脂が多い部位を避けるのも一つの方法です。

豚肉のなかで脂の割合が高い部位はばら肉、ロース肉などです。

一方、脂の割合が少ない部位はヒレ、もも肉などです。

ヒレ肉は鉄分なども豊富でとくに女性にはおすすめの部位です。

脂の多い部位でも調理方法で摂取をおさえることはできます。

ロース肉を使うときには網焼きにして脂肪を落としたり、

ゆでて冷しゃぶにしたりといった方法があります。

ばら肉を煮込むときに、煮汁ごと一度冷ましてから浮いてきた脂を取り除くなどの方法があります。

豚肉の脂にも健康に役立つ成分は含まれています。

バランスよく野菜と組み合わせて食べることを心がけるといいでしょう。

 

参考サイト

豚肉ランド http://www.pork-land.com/

健康相談 http://www.health.ne.jp/doctor/584.html

豚肉の栄養 http://www.yoshikei-it.com/tishiki/tishiki/buta.html

食材ガイド http://recipe.gnavi.co.jp/guide/0603/index02.htm

オレイン酸とは http://www.tubakiabura.com/oreinsan/

ステアリン酸とは http://bibouroku-jp.com/stearic-acid/

善玉コレステロールとは http://medical-checkup.info/article/43589316.html

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑