秋田シルクポークとは?

公開日:  最終更新日:2017/08/27

秋田シルクポークの味

秋田シルクポーク

画像出典:silkpork.sakura.ne.jp

スポンサーリンク

秋田シルクポークのうまみの特徴

SPF豚である秋田シルクポークの特徴は、肉の保水力の高さです。

肉そのものに保水性があるため、調理をしてもうまみを外に逃さない特性があります。

また、きめ細やかな赤身には脂肪が適度にふくまれているため、食感がやわらかいのも特徴です。

口に含めば優しい食感と、たっぷりのうまみが贅沢に口の中に広がります。

秋田シルクポークの脂肪はあっさりとしているため、臭みがありません。

調理したお肉が冷めてもやわらかさを保ち、時間をおいてもおいしく食べることができます。

秋田シルクポークの加工製品

シルクポークにはさまざまな加工製品が存在し、ステーキやカツの他にウインナーなどもあります。

しゃぶしゃぶやロース味噌漬け、ベーコンやホルモン煮込みなど幅広く楽しめます。

地元飲食店では「よこてバーガー」として、オリジナルハンバーガーを提供するお店もあります。

スポンサーリンク

 

秋田シルクポークの飼育法と安全性

秋田シルクポークの生産地

秋田シルクポークは秋田県南部にある平鹿郡平鹿にて生産されています。

現在は合併により、平鹿町は横手市内に位置する旧名称になります。

内陸型気候の影響をうけるため寒暖の差が大きく、雪の多い地方です。

ですが農業で栄えた土地であり、土地の総面積の70%近くが農地にあたります。

広大な農地の90%は水田のため、米どころ秋田の県内有数の生産地でもあります。

果樹栽培も盛んに行われ、平鹿りんごが有名な土地でもあります。

秋田シルクポークとSPF

秋田シルクポークとは秋田県を代表するブランド豚かつSPF豚の一種です。

SPF豚のSPFとは「特定病原体不在」の英単語の頭文字からとられたものです。

秋田シルクポークは日本SPF豚協会により、厳しい飼育基準を満たした農場によって生産されています。

これは豚がかかりやすい5つの大病に感染しない、安全な豚であることが証明するための基準です。

感染症にかかっていない、健康な豚にのみSPFポークの資格が与えられます。

農場の徹底管理

自然豊かな農地にて育まれている秋田シルクポークですが、その管理は徹底されています。

環境問題にも配慮し、安全のために農場やその周辺では除草剤を使用していません。

あらゆる面で消費者の満足度を高める豚肉を提供できるよう、工夫しています。

飼料へのこだわり

健康的な豚を飼育するために、秋田シルクポークの飼料には抗生物質を混ぜずに与えています。

抗生物質は豚を手軽に肥らせる効果がありますが、あえて使用しない飼育法が採用されています。

ナチュラルであることを第一に、かつ安心して口にできることを重視しています。

安全性だけでなく、オリジナル飼料を与えるなど豚肉のうまみを失わないよう努力もしています。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑