朝日豚とは豚肉消費の多い新潟県産のブランド豚!

公開日:  最終更新日:2016/12/14

朝日豚の特徴

 

画像出典:<a href="http://niquya.com/shunlog/archives/tag/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E8%B1%9A">niquya.com/</a>

画像出典:niquya.com/

スポンサーリンク

朝日豚という銘柄

朝日豚はHACCP方式という食品の衛生管理の方式を取り入れた、安全性の高い豚肉です。

朝日豚は新潟県を代表する銘柄豚の一種であり、主に朝日地区にて生産が行われています。

品種改良やシステムの管理を充実させ、高品質の肉質をキープしています。

1983年に「朝日豚」をブランド化、生産方法や流通体制などを一貫させ、ブランド向上を図りました。

朝日豚の産地

朝日豚は新潟県北部に位置する朝日村や関川村などが存在した地域にて生産が行われています。

朝日村は自然豊かで水量が多く、四季を通して大地の魅力が感じられる所です。

現在の朝日村は村上牛が有名な村上市と合併していますが、変わらずに豚の飼育を継続しています。

朝日豚の味

キメ細かな肉質と、豚肉特有の臭みがないのが朝日豚の特徴です。

朝日豚は保水性の高い肉質でありながら、ほどよく脂がのっているため水っぽさがありません。

少々歯ごたえがあるため、豚肉の旨味を存分に味わうことができます。

アクが出にくく、甘味のある肉質のため、しゃぶしゃぶにして味わう楽しみもあります。

スポンサーリンク

朝日豚が食べられる場所

米どころとして有名な新潟県ですが、豚肉の消費額が多い地域でもあります。

地元小売店でも豚肉の扱いは多く、朝日豚の加工食品も観光名物として多く消費されています。

観光名所では朝日豚の焼肉定食やとんシャブを提供する料理店もあります。

朝日豚のベーコンやシューマイ、角煮を購入できるお店もあり、主に地元にて展開されています。

スポンサーリンク

 

朝日豚の生産

朝日豚の交配

朝日豚は三元豚と呼ばれる、3種の豚を交配させて生まれたブランド豚です。

2通りの交配を行っており、1種は大ヨークシャーとバークシャー、デュロックの交配を行っています。

もう1種は大ヨークシャーとランドレース、デュロックを交配させています。

生産者は繁殖性の優れたブランドをかけ合わせ、肉質の良さと差別化を図っています。

朝日豚の飼育法

自然の恵みである質の高い水をたっぷりと与え、特別に配合した飼料によって飼育しています。

飼料は主にクセのない味を出すために大麦を使用し、植物の脂を与えるよう穀物を中心に配合しています。

指定獣医師による巡回と指導を受け、暑さ寒さ対策も充分に行っています。

生後から出荷まで約180日間かけて、生産農家がじっくりと育てあげたブランド豚なのです。

病気に感染しやすい豚の健康管理を充分に行い、丁寧に育て上げられていることが分かります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑