鹿児島の六白黒豚は水分含有量が少ない?

公開日:  最終更新日:2017/08/27

六白黒豚の水分含有量が少ないワケとは

鹿児島の六白黒豚は水分含有量が少ない

六白黒豚は他の豚に比べて水分含有量が少ないと言われています。

その最大の要因は運動量!

人間でも同じですが、食生活に気を使って、普段から運動している人は筋肉が引き締まりますね。

それと同じことが、黒豚にも言えるわけです。

運動を行われている期間が長く、引き締まったお肉を作り出すことができているんです。

スポンサーリンク

なぜ運動量が多いの?

六白黒豚だけが過酷な運動を課せられているわけではありません。

単純に飼育期間が長いんです。

つまりトレーニングを長期間行っているので、水分量がそれだけ減るということになるわけです。

出荷までの期間が長い

普通の豚に比べて40日から50日程度、飼育期間が長くなっています。

六白黒豚も、他の豚と同様に同じような期間でも食べられる状態にあると言われています。

ただ六白黒豚の場合は、肉質にこだわってさらに飼育しているというのが現状です。

 

六白黒豚の水分含有量が少ない、もう一つの理由は飼料

運動だけでなく、食べ物にも気を使っているのが六白黒豚の特徴。

主な飼料となっているのが鹿児島の特産物でもあるサツマイモです。

スポンサーリンク

一般的な豚の飼料とは?

一般的な豚に飼料として与えられているものは穀物やぬかなどを中心とした飼料です。

豚の成長に必要最低限のものは兼ね備えていますが、栄養価が高いかというとちょっと疑問符が・・・。

六白黒豚はセレブな豚?

しかし六白黒豚に毎日与えられているサツマイモはビタミンやミネラルが豊富。

豚に与える飼料としては高価な部類に該当しますね。

サツマイモを特産物としている鹿児島ならではの餌といえるでしょう。

 

六白黒豚の水分含有量が少ないメリット

サツマイモを中心とした餌、そして長期にわたる運動を行ったおかげで肉質に違いが生まれます。

水分含有量がが少ないということは、それだけ赤身の部分が増えるということ。

水分含有量が少ないおかげで色々な調理がしやすくなっているんです!

しゃぶしゃぶに最適

水分含有量の少ない豚肉はしゃぶしゃぶに最も適しています。

沸騰したお湯の中に水分含有量の多い豚肉を入れると、べちゃべちゃで食感の悪い感触になってしまいがち・・・。

しかし、水分含有量が高い六白黒豚なら融点が高く、肉の形を維持して食べることができます。

とんかつでも食べごたえ十分!

赤身の比率が多いおかげで食べ応えのあるとんかつが実現します。

揚げ物では、融点の高い肉質がポイント。

融点の高い六白黒豚では、食べ応えのある肉質と霜降りの細かさが実現しているというわけです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑