豚肉の効能・効果は疲労回復・メタボ・お肌など女性の嬉しいがたくさん!

公開日:  最終更新日:2017/08/27

豚肉を食べることでこんな効果が!

豚肉の効能・効果

豚肉に含まれている栄養価の中で特に優れているのがビタミンB1。

ビタミンB1には疲労回復や夏バテ解消、乳酸の除去などの効果があります。

運動や仕事で疲れを感じている方には、とても良い作用を与えてくれます。

スポンサーリンク

牛肉の栄養価を圧倒!

豚肉のヒレに存在するビタミンB1の配合量は、100gあたり0.98mg。

牛肉の場合は、サーロイン部分で100g 0.05mg。

この結果からも圧倒的に豚肉の方が疲労回復効果があることがわかりますね!

疲れが出たらしょうが焼き!

疲れが溜まっているときは、玉ねぎや生姜を刻んで一緒に炒めた生姜焼きが最高です。

消炎作用のある生姜とビタミンB1の吸収を促す硫化アリルが入った玉ねぎとの相性は抜群!

生姜焼きはご飯も進みますし、体力の消耗が激しい時期には非常に向いている料理です。

スポンサーリンク

 

豚肉で女性の悩み解消に効果的!

女性が多く悩まされるものとして、挙げられるのが冷え性や貧血、頭痛。

これらは脳神経の神経が滞り、血液が縮小しているのが主な要因です。

そこに効果を発揮してくれる成分が豚肉には配合されています。

神経痛にも!

あまり聞きなれない成分ですが、豚肉にはナイアシンと呼ばれる成分が含有されています。

およそ牛肉の2倍から3倍ほど含有されている水溶性のビタミン。

ナイアシンは神経系に働きかけ、アセトアルデビドと呼ばれる物質を分解します。

これによって神経が安定し、神経痛も緩和してくれるんですよ!

冷え性の解消も!

そしてナイアシンには血行促進作用と拡張作用もあるため、血流が良くなります。

末端冷え性の改善、寒気や貧血の解消などに効果が期待できますよ。

お肌にも良い!

豚肉には、ステアリン酸と呼ばれる飽和脂肪酸が含有されています。

この成分は肌の保湿性を高め、肌に潤いやハリをもたらします。

過剰に摂取してしまうと肥満の可能性がありますが、定期的に摂取する分には美肌効果があるのでお勧めです!

 

豚肉は意外と太りにくい?

豚肉はたくさん食べると、太ってしまうイメージがありますね。

確かに部位によっては脂肪が多く、カロリーを必要以上に摂取してしまう可能性があります。

しかしカロリーとは別に、コレステロールを下げる役割もあるんです!

メタボにも効果が?!

豚肉に含まれているオレイン酸がコレステロールの抑制効果を発揮してくれます。

体内に溜まった悪玉コレステロールを減らし、メタボ体質になってしまうのを防いでくれます。

また動脈硬化を防ぐ役割もあるので、健康面を考慮しても優れた食材ですよ。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑