銘柄豚とは

公開日:  最終更新日:2017/08/27

銘柄豚について

銘柄豚とは

銘柄豚は各地域で構成される協会の査定によって定められる、ブランド豚のこと。

今では全国で250を超える銘柄豚が存在しています。

スポンサーリンク

査定方法とは

銘柄豚の査定にあたっては、もちろん銘柄豚ごとで査定に違いがあります。

脂肪の付きかた、きめ細かさ、色艶、柔らかさなどが対象となってきます。

さらには、飼育方法やどういった品種を掛け合わせた豚なのかということも重量な要素です。

厳正な審査を受けて認証

銘柄豚は生産者からまず、食肉市場に出荷されます。

そこで審査を受けて、銘柄豚として認証されてから各販売店に落札されていきます。

そしてようやく消費者の元に行き渡るという流れになっています。

銘柄豚としての大切なポイントとは

銘柄豚は、まず飼育環境にこだわって育てなければいけません。

清潔で豚にとってストレスもない豚舎作りが重要!

空調管理を行って温度調整がされた、衛生管理が行き届いている環境が必要とあります。

スポンサーリンク

飼育飼料も重要

飼育飼料は、大麦を中心とした適切なエサを与える必要があります。

麦類は肉質に大きな影響を与え、脂肪含有量などの重要な部分を担っているんです。

地域によっては、特産物を与えるなど独自の飼料を与えているケースもありますよ。

じっくり飼育

通常の豚は150日程度で出荷されますが、銘柄豚の場合はだいたい190日。

じっくり時間をかけて育てていきます。

その結果、引き締まった肉が形成され、水っぽさがありません!

どんな銘柄豚がある?

全国各地に銘柄豚が存在しますが、有名なところでは鹿児島のかごしま黒豚、沖縄のアグーなどがありますね。

他にも東京の東京X、埼玉の彩の国黒豚、山形の平牧3元豚なども有名です。

アグー豚とは

三元豚とは3種掛け合わせの豚だった!

東京X(TOKYO X)とは

銘柄豚として認められるには?

例えば、かごしま黒豚と認められる豚は、鹿児島で育ったバークシャー種のみで交配されたもの。

沖縄のアグーは、琉球在来種アグーの血液雄方の50%以上を有する肉豚という規定があります。

各地域によって基準が設けられていて、その対象の豚のみが銘柄豚となるわけです。

銘柄豚の肉質とは

地域によって異なりますが、品種改良を行い、柔らかな食感と臭みのない肉質が多いのが特徴です。

水っぽさが無く、芳醇な香りと食感を堪能できるものが多くなっています。

普通に市販されている豚肉よりも良質な肉質にこだわっているものばかり!

銘柄豚を一度試してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑