最近気になる「黄金しょうが」

公開日:  最終更新日:2017/08/27

「黄金しょうが」って何でしょう?

生姜保存育成

最近、雑誌や口コミサイトでよく見かける「黄金しょうが」。

ちょっと気になりますよね。

実は「黄金しょうが」は品種改良されたしょうがなのですが、その特徴を3点お伝えします。

スポンサーリンク

辛味・香味が4倍?!

しょうがが健康にいいと言われる要員の辛み成分「ジンゲロール」・香り成分の「ショウガオール」。

黄金しょうがは、その2つの成分が通常のしょうがと比べ4倍と言われます。

辛み成分「ジンゲロール」は殺菌作用・解熱に、

香り成分の「ショウガオール」は血行促進作用に期待できると言われます。

黄金しょうがは中しょうが

しょうがには大きさで分類して、大しょうが・中しょうが・小しょうがの三種類に分けられますが、黄金しょうがは「中しょうが」に分類されます。

ピリッとした香りが料理を引き立て、さわやかな香りで風味が増します。

ちなみに、小しょうがは辛味が強く、サプリメントなどに配合されるしょうがです。

大しょうがはそんなに辛味は強くないので、辛いものが苦手な方にオススメです。

黄金しょうがの故郷は高知県

高知県は日本有数のしょうが生産県です。

しょうがの原産地・インドやマレーシアは高温多湿の地域ですが、実は高知県は年間日照量も年間降雨量も全国一位。

つまり、高知県はしょうがの成育にピッタリな地域なのです。黄金しょうがはその高知で品種改良されたしょうがです。

 

黄金しょうがと他のしょうがの違い

それでは黄金しょうがと普通のしょうがはどうちがうのでしょうか?

普通の「中しょうが」でよくないの?と思いますよね。もう少しくわしくお伝えします。

スポンサーリンク

その名の通り「黄金色」!

しょうがはすりおろしてそのままにしておくと茶色く変色してしまいますよね。

味も変わってしまいます。

これを防ぐために、一般的にはすりおろしてすぐ冷凍保存するとか、お酢を垂らすといいとか言われていますが、やはりそれでも風味は落ちてしまいます。

ところが、黄金しょうがはすりおろしても一時間たっても変色しないのです。

さすがにすりおろして一時間も放置する人はいないと思いますが料理に添えて出す場合など変色しにくいのは彩りとしてもいいことですよね。

おろすときの後片付けが楽!

黄金しょうがが人気があるその理由に「繊維が短くおろしやすい」ということがあります。

しょうがをおろしたらわかると思いますが、おろしたあとの後片付けは大変ですよね。

しょうがの繊維がびっしりこびりついて、洗うのに一苦労です。

ところが、この「黄金しょうが」は繊維が少ないのです。ですから洗うのも楽々♪

おろし金を洗うのが面倒だからチューブしょうがにしていた人も、黄金しょうがにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

黄金しょうがの関連商品もたくさん!

しょうがが健康にいいのはご存じかと思いますがそのつどおろしたり絞ったり…というのも時間がない方もいらっしゃるでしょう。

黄金しょうがの加工品もたくさんありますので、2つご紹介します。

粉末しょうが

粉末しょうがのいいところは、個別包装している商品はいつでもどこでも持ち歩けるということです。

スープや水に溶かしていただけるのでしょうがパワーが簡単に補給できます。

個別包装ではなく、ピン入りのものもありますが、これもご家庭に常備していれば料理のレパートリーも増えますよ!

しょうがシロップ・ジンジャーシロップ

ジンジャーエールがしょうがから出来ていると知ったとき驚いた方も多いのではないでしょうか。

しょうがシロップ・ジンジャーシロップは、炭酸水さえあれば自宅でジンジャーエールが作れる優れもの!濃さもお好みで調節できるので市販のものがちょっときついという方にはオススメしたいです。

他にもしょうが紅茶も簡単に作れます♪

いかがですか?風味豊か・色あざやかな黄金しょうが、ぜひおためしください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑