国産生姜の種類は、単純に分けたら「大・中・小」

公開日:  最終更新日:2016/12/26

そもそも生姜って何?

生姜の種類

生姜は多年草と呼ばれる草に該当する植物です。

基本的には、食材として使われることが一般的です。

ただ、病気などの治療に用いられる生薬としても知られています。

日本でも栽培されていますが、歴史を辿ればインドで生成されていたのが始まり。

生姜は根茎が土の中に埋まっていて、葉っぱだけが地上に出ています。

基本的に葉っぱより、この土に埋まっている根茎を利用しています。

独特のツーンとした匂いや辛味を感じるのは、ジンゲロールと呼ばれる成分が元となっています。

スポンサーリンク

 

しょうがの効能を引き出す乾燥パウダーしょうが!

しょうがは乾燥させた方が、効能が存分に発揮されます。

その乾燥しょうがを料理や飲み物にアレンジしやすいパウダー状に!

使っているしょうがは、香味・辛味が通常のしょうがの4倍と言われる黄金しょうが。

農薬を使わず無添加・無着色・「原材料:黄金しょうがのみ」だから、美味しく安心。

 

主に3種類の形態で出荷される生姜

生姜は1種類だけを表すものではなく、収穫された状態や種類によって微妙にその形状が違います。

一般的に市場に流通しているのは、根生姜と呼ばれるもの。

葉っぱ付きの葉生姜もありますが、一部の店舗やお店にしかあまり出回っていません。

そして矢生姜と呼ばれる赤っぽいピンクの生姜を見たことがある方もいるでしょう。

よく、お刺身やお寿司などの備え付けられているアスパラのような細長い生姜のことです。

この3つが主に流通されている生姜となります。

各家庭で擦りおろして使うような生姜はだいたいが根生姜ですね。

 

日本で流通している生姜は3種類

生姜自体の品種は日本では主に3種類取り扱われています。

スポンサーリンク

 

そのうちの一つが大生姜。

いびつな形をした硬い茎の部分がそのまま販売されているケースを見たことがあるのではないでしょうか。

スーパーやデパートで流通しているのは、このタイプですね。

いわば、完全に育ちきった大人の状態で出荷されたものです。

茎や葉っぱがこれ以上大きくならないというぐらいに成長した状態の生姜です。

最もスタンダードなものはこれですね。

 

そして、次によく見るのが中生姜。

比較的早い段階で出荷された大生姜よりも一回りほど、小ぶりとなった状態の品種です。

大生姜よりもやや辛味があり、漬物などで使用されているケースがあります。

 

そして3つ目は、早い段階で採取される小生姜。

一株で400グラム程度しかなく、辛味の強さが印象的な生姜です。

 

生姜は世界的に人気!

日本で使用されているだけでなく、アジアを中心とした世界各国で生姜が取り扱われています。

なんとなく和食でよく使うので、日本のものと思いがちですが、世界中で生産されています。

中国やインドが有名で、それ以外にはジャマイカなども。

温暖で湿度が伴なっている地域での生産が生育しやすい植物となっています。

そういった意味では、日本も温暖で湿度がある国なので、生姜が生産しやすい地域と言えそうですね。

 

しょうがの効能を引き出す乾燥パウダーしょうが!

しょうがは乾燥させた方が、効能が存分に発揮されます。

その乾燥しょうがを料理や飲み物にアレンジしやすいパウダー状に!

使っているしょうがは、香味・辛味が通常のしょうがの4倍と言われる黄金しょうが。

農薬を使わず無添加・無着色・「原材料:黄金しょうがのみ」だから、美味しく安心。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑