使用用途の広い生姜の有効性とは

公開日:  最終更新日:2017/08/27

いろんな食材に合わせやすい生姜!

生姜を使用用途は幅広くありますが、やはり何と言っても多く用いられるケースが食用ですね。

生姜は抗炎症作用があると言われています。

そのため、生ものなどと一緒に調理されたり、トッピングされるケースが多くなっています。

例えば冷奴の上に乗せたり、お寿司のイカやアジ、イワシ、コハダなどの生ものと一緒に使用されたものを見たことがあるでしょう。

また、生ものだけでなく豚肉に絡めて生姜焼きとして使用するのも有名ですね。

他にはナスと一緒に絡めて、蒸しナスや焼きナスといった使用方法も。

基本的に生姜をメインとして食すのではなく薬味、香辛料として使用するケースが多くなっています。

抗炎症作用以外にも、体を温めてくれる発汗効果と血液促進効果が期待できます。

生姜入りジンジャーとして、飲み物でも使われることがあるぐらい使用用途も豊富!

非常にユーティリティー性のある食材となっています。

スポンサーリンク

 

病気の改善に効果を発揮!

食用としてだけでなく、病気を治す成分として生姜が使われることも多くなっています。

生姜の効能としては、血行促進、新陳代謝の活性、抗炎症作用、発汗作用、免疫力の向上など。

副作用をもたらすものがないので、医薬品や漢方だけでなく、サプリメントとして配合されるケースも。

具体的には、かぜ薬や胃腸薬、漢方では葛根湯や桂枝湯などに配合されていることがあります。

ただ、ごく稀に胃への刺激に伴い、胃痛を患ってしまうケースも・・・。

胃腸が弱い方は気をつけたほうがよい成分といえそうですね。

 

病気だけでなく薄毛や肌荒れ対策にも有効!?

生姜の万能性を表す要因がまだあります。

食用や病気の治療だけでなく、薄毛や肌への良い影響も期待できる成分です。

生姜に含まれている抗炎症作用が肌のシミやシワを防ぐ働きをもたらしてくれます。

しかも毛細血管を活性化させる働きもあります。

つまり、髪の毛が生えている毛母細胞周辺での血流がよくなるという効果が期待できます!

もちろん生姜を食べていれば、毛が生えるというような即効性はありません。

しかし、髪の毛に良い影響を与えてくれることは期待できます。

そして新陳代謝を活性化させるジンゲロールが肌の活性化を促します。

それによって肌荒れや老化現象を阻止するのにも有効!

このように生姜は使用用途が幅広く、体の循環機能を正常化するのにとても役立っています。

ただし、刺激の強い成分でもありますので、1日の目安は10g以下に抑えるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

黄金しょうが100%乾燥パウダー

通常のしょうがより辛味・香味が4倍とも言われる「黄金しょうが」。

乾燥しパウダー状にしたので、薬味はもちろん料理や飲み物に簡単付けたし。

さらにしょうがは、乾燥した方が効能が高いと言われています。

栽培中は農薬を一切使わない鹿児島産の黄金しょうがを100%使用し無添加・無着色でパッケージ。

ヤフーショッピング・Amazonからお取り寄せできます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑