黒豚の人気がある食べ方 やっぱり王道!

公開日:  最終更新日:2016/12/26

王道はしゃぶしゃぶ!

黒豚を美味しく調理するのに最も評判が高いのが、しゃぶしゃぶです。

もともと豚肉はやや脂質が多く、人によってはちょっと臭みのようなものを感じてしまう方も。

しかし黒豚は臭みがなく、肉繊維が細かくて柔らかいという特徴があります。

肉繊維が細かいとなぜ良いかというと、水分率の割合が低いということが挙げられます。

すなわち、しゃぶしゃぶでお湯に浸しても水っぽくならないんですね。

黒豚は運動量が多く、肉質がしまっているものが多くなっています。

肉繊維が細かいので歯切れが良いこともしゃぶしゃぶに向いている理由です。

例えば、黒豚と普通の豚肉をしゃぶしゃぶで食べ比べてみると、その食べやすさの違いに気づかされることでしょう。

スポンサーリンク

 

食べやすい、とんかつ!

黒豚はとんかつにするのにも非常に向いています。

きめ細かい肉質がとんかつを調理しやすくしているという要素があります。

例えば、普通の豚肉を使ったとんかつを食べていると、衣ととんかつが分かれてしまうということがよくありますね。

それは片栗粉や卵と豚肉がしっかりと交わっていないことが理由。

しかし、黒豚は肉繊維がとても細かいですから、卵や片栗粉そしてパン粉との相性も抜群!

衣が肉に密着してとんかつ本来のサクッとした食感を味わえます。

しかも肉繊維が細いということは、それだけ切りやすいということ。

食べるときにわざわざナイフを使わなくても、お箸で簡単に切れるというメリットもありますよ。

調理のしやすさ、食べやすさといったメリットが黒豚のとんかつにはあります。

スポンサーリンク

 

味を最大限堪能できるステーキ

黒豚を最大限、味わうのならステーキもおすすめです。

脂肪分が通常の豚肉に比べて少ないですから、ヘルシーさもあります。

これならカロリーを気にせず、女性でも気軽に食べられますね。

また赤身部分が多いのにもかかわらず、硬くなりにくいというメリットがあります。

加熱しても柔らかい食感のまま召し上がることが可能に!

ステーキとして適しているヒレやリブロース部分の黒豚は赤身と脂肪分のバランスが最高です。

赤身だけで完全に構成されているわけではありません。

適度な脂肪が入っているので、ジューシーさも保たれています。

「硬くて食べにくい」、「ジューシーさがない」、ということは黒豚にはありません。

また、黒豚はアミノ酸を豊富に含んでいるという健康面での利点もあります。

筋肉や骨、髪の毛を健やかにするのにとっても適している食材となっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑