高知の黄金しょうがが人気を集めている理由とは?

公開日:  最終更新日:2017/08/27

今や黄金しょうがが定番!?

黄金しょうが
高知の黄金しょうがを利用してる店舗が増えてきています。

そのため、一般的な印象としてこの黄金しょうがが生姜の定番になりつつあります。

普通の生姜だと、「見た目が悪い」、「繊維が荒い」というマイナスイメージがあるかもしれません。

スポンサーリンク

黄金しょうがは優れた環境が魅力!

黄金しょうがを栽培しているのは主に高知県の四万十川周辺。

温暖な気候で、しかも水質の良い水をたっぷり吸収しています。

日本最後の清流といわれるほどきれいな水を利用していて、優れた環境で育っています。

抜群の栽培工程により出荷!

温暖な地域でありつつも、台風が多い高知県。

それだけ降雨量が多いともいえますが、生姜は高湿度の環境を好んでいる植物です。

高知の生姜栽培は湿度が上がっても害虫が寄り付かないように、夜間点灯で害虫対策も万全!

24時間徹底的にケアした栽培方法で、黄金しょうがは栽培されています。

 

なぜ高知の黄金しょうがは人気があるの?

高知は生姜を育てるのに最適な条件が揃っています。

生姜が育つのに最適な環境は、「日照量」と「湿度のバランス」が大事になります。

スポンサーリンク

高知は日照量と雨量がトップクラス

高知県は年間日照量と年間雨量がとても多い県です。

毎年、多少順位は異なりますが、コンスタントに日本でベスト3に入るような県なんです!

いわば、生姜を育てるのに理想的な環境といえるでしょう。

日本では高知が第1位!

日本は元々雨量が多く、湿度の高い国となっています。

しかし、日本の中で温暖でありながらも雨量が多い県ということになると、限られてきます。

実際に生姜を栽培しているところはインドや中国、ジャマイカ等の高温多湿の地域。

そういった要素は、日本では高知に勝るところはないでしょう。

 

繊維が少なく色の劣化が無い!

高知の黄金しょうがは通常の生姜に比べて、繊維が4割程度少なくなっています。

イメージとしては、りんごをすりおろした時のような食感の良さが印象的です。

口の中にザラザラとした感覚が全く残りません!

長時間、品質をキープできる

黄金しょうがの場合、数時間経っても色があせることはありません。

そのため、黄金しょうがなら仕入れた後でも料理する直前に擦りおろす必要がないのです。

よく、うどん屋さんなどでは生姜が常備されていますね。

それも黄金しょうがのケースが多くなっています。

劣化しないため、常備するのに向いている生姜と言えます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑