前沢牛とは

公開日:  最終更新日:2016/12/14

前沢牛とは

画像出典:岩手前沢牛協会

前沢牛の産地

前沢牛は岩手県市奥州前沢区にて生産された牛であり、厳しい規格を満たしたブランド牛肉です。

スポンサーリンク

岩手県前沢区の歴史

岩手県奥州は稲作中心の土地のため、牛は農耕・運搬用として盛んに飼育されていました。

農業の機械化が進むことで農耕・運搬用から肉牛用に飼育がシフトされた経緯があります。

初出荷時は不評だったため、種馬に但馬牛、繁殖牛に島根牛を用いることで改良を重ねてきました。

品種改良を重ねることにより、全国肉用牛枝肉共励会の名誉賞を4度獲得するまでに成長しました。

稲作が盛んである土地ならではの良質な草と飼料を与えられていることも影響しています。

前沢牛の管理

「前沢牛」は岩手ふるさと農業協同組合によって登録商標が取られています。

販売も岩手ふるさと農業協同組合の経由によって行われています。

 

前沢牛の厳しい定義

前沢牛を名乗る為にはいくつかの厳しい定義があります。

前沢牛生産者と飼育の定義

住所が岩手県奥州市前沢区にあること、または所在地のある法人のみ生産者と認められます。

生産者が1年以上肥育すること、出生から屠畜の飼養期間が前沢区内が最長であることが条件です。

同時に、最終飼養地が岩手県奥州市前沢区であることも必要です。

スポンサーリンク

前沢牛の子牛

生まれた子牛は種類が黒毛和種であり、出生地が前沢区であることを確認できなければなりません。

また、全国和牛登録協会発行の子牛登記証か、それに準ずる証明書等が必要となります。

前沢牛の呼称について

様々な定義を満たしたうえ、日本食肉格付協会枝肉取引規格にて格付け条件を満たされること。

肉質等級が「4」以上、歩留等級が「A」か「B」に格付けされて「前沢牛」の呼称が認められます。

前沢牛マーク

前沢牛マーク

 

前沢牛の味と安全性

厳しい規格の元に生まれる前沢牛は絶品です。

肉質と味の特徴

肉質の特徴はきめ細やかな霜降りと、しっとりとした柔らかい質感にあります。

良質な脂のため舌触りはもちろん、シンプルな味付けのみで楽しめるほど風味が良いのも特徴です。

そのため、奥州前沢区では牛をトロに見立てた「前沢牛にぎり」という握りずしも人気です。

前沢牛の安全性への取り組み

農林水産省による「牛肉トレーサビリティ法」を遵守し、牛個体識別台帳にて記録を行っています。

これは牛海綿状脳症(BSE)のまん延防止のための措置であり、前沢牛の信頼性を守るためです。

牛につけられた番号は食肉処理されるまでついており、購入する際にもラベルから確認ができます。

「いわて牛トレーサビリティシステム」も導入し、詳細なデータを確認することもできます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑