松阪牛をお取り寄せする際は気を付けよう!

公開日:  最終更新日:2016/12/19

高級肉じゃなくても松阪牛?!

松坂牛

日本で有名な黒毛和牛の一種「松阪牛」。

TVでよく高級な黒毛和牛と紹介されるが、どんなお肉なのか。。

スポンサーリンク

「松坂牛」は品種名ではない

松阪牛とは、三重県松阪市近郊で飼育された黒毛和牛のこと。

但馬牛を生後12か月齢までに松坂牛生産区域に導入し、個体識別に登録される事が松坂牛の第一歩です。

※但馬牛については但馬牛とは最高級牛肉の元祖!にて記事にしています。

黒毛和牛の品種に決まりはなく、生後12か月齢までに生産地区で飼育を始めれば松坂牛を名乗る権利の一つが得られます。

高級肉でなくても松阪牛?!

松阪牛自体は子牛の導入時期・生産地区をクリアし、個体識別に登録された未経産(子供を産んだ事がない雌牛)であれば「松阪牛」と名乗れます。

なので格付けが低くとも、この条件を満たしていれば松阪牛となる訳です。

全てが最高級な訳ではない

上記の通り、肉質に関係なく松阪牛と名乗れてしまうので全ての松阪牛が特出した黒毛和牛肉という訳ではありません。

一部の飼育農家によってはビールを飲ませるなどの工夫により優れた肉質の松阪牛を育てています。

 

高級な松阪牛は?

そのような優れた肉質の松阪牛を選ぶ基準は「特産松阪牛」がキーワードです。

スポンサーリンク

特産松阪牛

特産松阪牛とは、900日以上1頭1頭手塩にかけて育てた松阪牛の事です。

また肉質等級の格付けが「4」を銀

「5」を金

としています。

せっかく買うなら美味しい松坂牛を

美味しい松阪牛を見分ける際は、肉質等級のA4~A5を見るだけでなく、900日以上飼育された特産松阪牛かを見るのもポイントです。

特にお取り寄せの場合は、ネットの過剰な宣伝文句に惹かれて、質のよくない松坂牛を掴まされないように気を付けましょう。

特産松阪牛推進農家

特産松阪牛の飼育に積極的に取り組む生産農家は松阪牛協議会より「特産松阪牛推進農家」として認定されます。

 

神戸牛と松阪牛

神戸牛と松阪牛は比べられたりします。

神戸牛は松阪牛よりさらに厳しい基準を設けており、世界的にも有名です。

世界で最も高価な食材として6位にランクインした事があり、肉としては世界一です。

アメリカ大統領等の世界のVIPも、寿司・天ぷらではなく「神戸ビーフが食べたい」と口にします。

松阪牛も非常に美味しい和牛です。

価格的は神戸牛は高嶺の花、松坂牛は手が出しやすい高級肉、と言ったところでしょうか。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑