鶏のタタキはどんな食べ物?

公開日:  最終更新日:2016/12/15

鶏のたたきとは

去勢鶏 タタキ

鶏のたたきは、1センチほどのブロック状に切り落とし、表面を炙って食べる方法を一般的に指します。

中まで完全に火を通すというわけではありません。

表面を軽く炙って、若干焦げ目が付く程度に焼くケースが多くなっています。

そして、炙った鶏のたたきに黒酢や醤油に漬けて食べるのが一般的です。

スポンサーリンク

香辛料や薬味を添えて

炙った鶏のたたきをそのまま食べるというより、薬味を加えて食べるのが主流といえるでしょう。

主な薬味はしょうが、にんにく、わさびなどです。

抗炎作用があるので、お腹を壊してしまうリスクを軽減させることができますよ。

あまり主流とは言えない食べ方?

鶏肉を食べる時、鶏のたたきはどの家庭でも食べられるというほど一般的な調理法ではありません。

むしろ、鶏よりもカツオのたたきなどのほうが、食べたことがある方も多いのではないでしょうか。

それは、鶏の生っぽい食感と衛生面での不安要素があることが理由として考えられます。

 

鶏のたたきはイマイチ?

鶏のたたきとして食すには、いくつかのハードルを越える必要があるんです。

それはしっかりと殺菌作用を与えること!

基本的に鶏肉は火を通さなければいけません。

小さな微生物や菌が付着している可能性もあり、食中毒になりやすいんです。

スポンサーリンク

鶏のたたきとして食べるには

十分な加熱、又はしっかりと蒸していることがポイントになります。

必ずニンニクやショウガなどをすりおろして、整腸作用のあるものと一緒に食したいところですね。

品質管理されていない鶏肉は危険

鶏のたたきとして使用する場合、品質がとても重要です。

徹底管理が施された鶏肉でないと、使用するのにちょっと躊躇してしまうかも・・・。

鶏肉にはカンピロバクター、サルモネラ菌といった食中毒菌が蔓延してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

どんな鶏なら向いている?

鶏のたたきを食べたいのなら、徹底した品質管理が行われている地鶏がお勧め!

有名なところでは、名古屋コーチン、比内鶏、宮崎地頭鶏なんかが有名ですね。

地鶏でも慢心してはダメ!

「地鶏なら品質が良いから問題ない」と過信してはダメですよ。

過去には居酒屋で、「地鶏のたたき」を食べたお客さんが食中毒になってしまったなんてことも・・・。

肉質だけでなく、調理法や管理の仕方も大切ということがわかりますね。

鶏のたたきはこんな食べ方がお勧め!

鶏のたたきを食べる場合は、薬味を絡ませた醤油に魚の刺身のように食べるもよいでしょう。

またラーメンや、そば、うどんなどのトッピングとして使うのも合います。

ヘルシーに召し上がりたい方は、野菜のトッピングに使って、カロリーを抑えるのもおすすめです!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑