黒豚ブランドあれこれ

公開日:  最終更新日:2017/08/27

黒豚のブランドについて

ひとえに黒豚といってもあらゆるブランドのものがあります。

日本では、「おいしい豚肉」というイメージが強い黒豚ですが、今回は、日本、沖縄、海外それぞれの黒豚の特徴についてお話します。

スポンサーリンク

日本の黒豚

まず、日本の黒豚についてです。

日本の黒豚といえばやはり「かごしま黒豚」が有名ですよね。

そんな黒豚ですが、現在日本では純粋種の豚のことを黒豚とは呼んでいません。

では、どういった豚を黒豚として扱っているのかというと、主にイギリスのバークシャー種という豚のことを指します。

体つきは、比較的丸っこくて小さい豚です。

日本では、バークシャー以外の豚肉を「黒豚」と記して販売することが禁止されています。

また、バークシャーと他の豚を掛け合わせた豚肉を販売する際も、黒豚という表記はできず、「バークシャー」と表記されるにとどまります。

実際に、鹿児島に生息する少数の在来種の豚や、沖縄の島豚とバークシャーとをかけあわせた豚肉なんかがあり、そういったものには「バークシャー」という表記がされています。

バークシャー種とは黒豚種!

 

純粋種の黒豚「六白」をお取り寄せ

純粋バークシャー種の黒豚は鼻・しっぽ・足先4本が白い事から鹿児島では「六白」と呼ばれます。

鹿児島は黒豚飼育では国内で一番歴史があり、牛と同じ価格が付くほどの高品質です。

そんな鹿児島の六白黒豚をお取り寄せできます!

 

沖縄の黒豚

沖縄の黒豚といえば、「アグー」。

琉球在来豚を原種としたブランド豚です。

アグー豚とは

他にも、「シマウヮー」、「島豚」といった呼び方もあります。

そんなアグーは、中国から渡来してきた豚とされています。

全身真っ黒の体と、小柄な体型が特徴。

脂身が多いことから、取れる肉の量は限りなく少ないことから、より貴重であるという見方もされています。

また、沖縄の風土や気候に耐え続けることから、体力や免疫力も他の豚とは比べ物にならないほど高いというのも大きな特徴です。

とはいえ、そんな沖縄の純粋な在来種アグーも、現在では数える程しか生息していなく、ほとんどが鹿児島から入ってきたバークシャーや、米国のハンプシャー種と掛け合わされたものとなっています。

ハンプシャー豚とはイギリス生まれアメリカ育ち!

当然ながら、純粋なアグーをなんとか残そうという働きもあります。

スポンサーリンク

外国の黒豚

前述のとおり、日本の黒豚も元をたどればイギリスが原産のヨーロッパ在来種の豚。

イギリスや米国だけでなく世界中にあらゆる品種の有名な黒豚が存在します。

たとえば、高級豚でお馴染みの「イベリコ豚」はスペイン。

イベリコ豚は7月・8月生まれが狙い目!

美食家の中で根強い人気を誇っている「ビゴール豚」はフランス。

中国でも豚の品種がたくさんあります。

中には、北京黒豚や大囲黒豚等といった地域の名前がそのまま付けられた黒豚もいます。

このように、日本のみならず世界中にあらゆる種類の黒豚が生息し、「高級な豚肉」という認知をされています。

 

国産随一の鹿児島黒豚をお取り寄せ

鹿児島は黒豚飼育では国内で一番歴史があり、牛と同じ価格が付くほどの高品質です。

そんな鹿児島の六白黒豚をお取り寄せできます!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑